キャッシングで借り入れ

借り入れを効果的に使うlv-modaで学ぶキャッシング

借金返済が困難な人を救う債務整理

債務整理とは、返済に苦しい人達を救う手続のことをいい、弁護士や司法書士が代理人となって行います。債務整理には、主に3つの手続があり、任意整理、民事再生、自己破産があります。

 

任意整理とは、利息制限法の上限金利で借金を再計算して減額させて、金利なしの元本のみを3年ぐらいの分割返済をすることで整理する手続です。弁護士と貸金業者とで直接交渉をすることで、裁判所を通さずに済むという利点があります。また、整理する借金を選べることがでいるため、柔軟な整理ができます。

 

民事再生とは、住宅などの財産を維持したまま、減額された借金を原則として3年間で分割返済していくと言う手続をいいます。借金額が大きく全額返済は困難だが、住宅など高価で処分されたくない財産を保有している人や、自己破産すると職業ができなくなる人向けです。

 

自己破産とは、財産がなくて返済することができないことを裁判所に認めてもらうことで、支払義務を免れる制度のことです。現在価格が20万円以上の財産はすべて処分され、資格を必要とする職業に就くことを制限されます。

 

任意整理の手続を行うと信用情報機関に整理したことを登録されるので、任意整理の場合は約5年間、民事再生と自己破産の場合は5~10年間は、新に借金をしたり、クレジットやローンを利用することができないので、注意が必要です。

借金整理の前に任意整理の流れは知っておくと良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ